お金の使い方が変わったきっかけ

20歳ぐらいの時にあるハガキが実家に届きました。

 
どのような内容なのか忘れてしまいましたが、その後日に家に電話が来てその方と会うことになりました。
男性でとても感じが良かったので話だけでもっという軽いのりでした。
 
ファミリーレストランで会うことになり、色々な資料を見せられました。
 
電化製品が安く買えたり、海外に別荘みたいなものがあって会員になると安く泊まれるなどの話がありました。
有名メーカーのジュエリーも安く買えるような感じでした。
 
年に一回その会員の集いやとにかく楽しいことがたくさんあるという話を聞きました。
 
けっこう長い時間話を聞き、最後にお金の話をされました。
 
そしたら中古の軽自動車が買えるような金額だったのです。
 
電話だったらすんなり断ることが出来ますが、会っていたので断ることが出来ないような雰囲気になっていたのです。
 
クーリングオフするのにも実家なので親を心配させてしまうし、結局はローンが嫌だったので一括で払うことにしました。
 
入ったからには色々なものを利用しようと思いました。
 
利用したものは小型の電化製品を買いました。
 
会員の集いは遠いので行くことがなく退会しました。
 
それからお金の使い方を改めました。
 
この分で払ったものを貯金しようと節約して頑張りました。
 
後から強く騙されたと思ってものすごい悔しい気持ちになりました。
 
ある意味ケチになってしまったような気がします。
 
今の時代は家に電話が来たら怪しいものと感じます。
 
当時は怪しいという気持ちは全然なく、何だろうというワクワク感がありました。
 
子供たちにはこのような苦労をさせないために気を付けるように伝えていければと強く感じる出来事でした。
 
騙されないために会うという行動は危険だと思います。




Comments are Closed